グランドキャニオン

オススメ度:★★★★☆

アメリカ観光の超定番グランドキャニオンでは、アメリカらしい壮大なスケールの大自然を堪能することができます。半日ほどの立ち寄りツアーもありますが、グランドキャニオンの素晴らしさを実感するためには、宿泊は必須。少なくとも1日は滞在したい場所です。

グランドキャニオンの概要

グランドキャニオンは、アリゾナ州にある長さ446km、幅29kmにもおよぶ米国立公園です。公園内を流れるコロラド川の浸食によりできた渓谷は、深さがおよそ1.6㎞あり、およそ2億年も昔の地層が表に現れてきています。1919年に国立公園に指定され、1979年に世界自然遺産に指定されました。

グランドキャニオンは、コロラド川を境にサウスリムとノースリムの2つのエリアに分かれています。サウスリムは、年間を通して訪れることができる一方、ノースリムは雪の影響を受けるため、毎年5月15日から10月15日までの期間限定で開いています。

グランドキャニオンの見どころ

サウスリムとノースリムは、ハイキングの場合34㎞、車で行くと354㎞の道のりであり、移動にはおよそ5時間かかります。そのため、観光客の90%はキャンプ場などがたくさん整備された、サウスリムを観光します。ここでは、サウスリムの絶景ポイントを紹介します。

マザーポイント(Mather Point)

Grand Canyon Mather Point Sunset 2011_4115a
(出典:Flickr)

ビジターセンターからすぐの場所にあるため、グランドキャニオンを訪れた人のほとんどが立ち寄る絶景ポイントです。晴れていれば、東は50㎞、西は100㎞先まで見渡すことができます。

グランドキャニオン特有の、何層にも重なる地層の断面がきれいに表に現れており、アメリカの大自然を実感できるポイントです。

ヤバパイポイント(Yavapai Point)

Grand Canyon National Park: Yavapai Geology Museum 0453
(出典:Flickr)

マザーポイントから徒歩で15分程度の場所にある絶景ポイントです。地質ミュージアムが併設されており、グランドキャニオンの成り立ちや地質などについても学ぶことができます。

Grand Canyon: Yavapai Museum of Geology 7707
(出典:Flickr)

デザートビューポイント(Desert View Point)

デザートビューポイントは、サウスリムの中心地であるグランドキャニオンビレッジから東に41㎞行ったところ、サウスリム東端にある絶景ポイントです。標高およそ2300メートルの場所から、断崖の上に立って真下に広がる大地を眺めることができ、圧巻の景色です。

Grand Canyon National Park: Desert View Watchtower 0058
(出典:Flickr)

近くには、展望塔”デザートビューウォッチタワー”も建てられています(写真右上の塔)。85段の階段を登ると、360度のパノラマビューが広がります。内壁や天井には、アメリカ先住民族インディアンの描画を見ることもできます。

また、グランドキャニオンビレッジの方に5キロほど離れた場所には、タサヤン遺跡があり、そこでもインディアンの歴史に触れることができます。

サウスリム内の無料シャトルバス

サウスリム内には、4つのルートを走る無料シャトルバスが運行しています。

1)Villageルート(ブルー):1年中運行しています。ビジターセンターと、ロッジ、キャンプ場、そのほかの施設を結ぶルートです。

2)Kaibab Rimルート(オレンジ):1年中運行しています。ビジターセンターと、サウスリム内の絶景ポイントを効率よく周るルートです。

3)Hermit Roadルート(レッド):3月~11月まで運行しています。

4) Tusayanルート(パープル):3月~9月まで運行しています。

公式サイト:South Rim Shuttle Bus

2)Kaibab Rimルート(レッド)

日本人が個人旅行で利用するのは、主に2)Kaibab Rimルートです。サウスリム内の絶景ポイントを周るルートで、ビジターセンターを中心に東周りと西回りに分かれています。東西すべて周ると1周50分程度かかります。

東周り

Grand Canyon Visitor Center  >> South Kaibab Trailhead >> Yaki Point >> Pipe Creek Vista >> Grand Canyon Visitor Center

西周り

Grand Canyon Visitor Center  >> Mather Point >> Yavapai Geology Museum >> Grand Canyon Visitor Center

15-30分間隔で運行しています。始発や最終は季節によって変わりますので、事前に公式サイトで確認しましょう。

公式サイト:Kaibab Rimルート

グランドキャニオンの観光基本情報

観光基本情報

営業時間: 公園の入り口は24時間
定休日: サウスリム:なし、ノースリム:10月16日から5月14日
入場料: 車:1台35ドル、徒歩・自転車等:1人20ドル
所要時間: 楽しみ方にもよるが、良さを知るには最低1日は欲しいところ
住所: 20 South Entrance Road Grand Canyon, AZ 86023
公式HP: グランドキャニオン国立公園(Grand Canyon National Park)

(2020/6現在)

グランドキャニオン国立公園への行き方

グランドキャニオンは、ネバダ州ラスベガスから車で4時間ほどの距離にあり、道中にもたくさんの見るべき観光スポットがあるため、車移動が一番効率的でオススメです。

ただ、電車の旅が好きな方などには、公共交通機関でも行くことも可能です。

Amtrak(アムトラック)を利用する場合

1.最寄り駅:Williams

AmtrakのWilliams駅からは、Grand Canyon Railwayに乗り換えてGrand Canyon駅まで行くことができます。

Grand Canyon Railwayは1日1往復しか運航していません。往路は、Williams駅を9:30発、Grand Canyon駅に11:45着。復路は、Grand Canyon駅を15:30発でWillams駅に17:45に到着します。

Grand Canyonに11:45に到着し15:30に出発するプランでは、ほぼ何も見ることができませんので、必然的にGrand Canyon内での宿泊が必要になります。

公式サイト:Grand Canyon Railway & Hotel

2.最寄り駅:Flagstaff

AmtrakのFlagstaff駅からは、アリゾナシャトルというシャトルバスが1日3便運行しています。公式サイトで予約することができます。

公式サイト:Arisona Shuttle

ガイドツアーを利用する場合

グランドキャニオンへは、ラスベガスからたくさんのガイドツアーが用意されています。ガイド兼ドライバーが、道中の様々な観光スポットで停まりながら案内してくれるため、効率よく疲れなく、たくさんの情報を得ながら観光することができます。

グランドキャニオンの観光には、ガイド付きツアーに参加することをオススメします。

ベルトラ公式サイト:ラスベガス発着現地ツアー

https://i1.wp.com/yadakotour.work/wp-content/uploads/2020/05/DSC_1914_.jpg?fit=900%2C506&ssl=1https://i1.wp.com/yadakotour.work/wp-content/uploads/2020/05/DSC_1914_.jpg?resize=150%2C150&ssl=1やだこアメリカ観光地大自然オススメ度★★★★☆オススメ度:★★★★☆ アメリカ観光の超定番グランドキャニオンでは、アメリカらしい壮大なスケールの大自然を堪能することができます。半日ほどの立ち寄りツアーもありますが、グランドキャニオンの素晴らしさを実感するためには、宿泊は必須。少なくとも1日は滞在したい場所です。 グランドキャニオンの概要 グランドキャニオンは、アリゾナ州にある長さ446km、幅29kmにもおよぶ米国立公園です。公園内を流れるコロラド川の浸食によりできた渓谷は、深さがおよそ1.6㎞あり、およそ2億年も昔の地層が表に現れてきています。1919年に国立公園に指定され、1979年に世界自然遺産に指定されました。 グランドキャニオンは、コロラド川を境にサウスリムとノースリムの2つのエリアに分かれています。サウスリムは、年間を通して訪れることができる一方、ノースリムは雪の影響を受けるため、毎年5月15日から10月15日までの期間限定で開いています。 グランドキャニオンの見どころ サウスリムとノースリムは、ハイキングの場合34㎞、車で行くと354㎞の道のりであり、移動にはおよそ5時間かかります。そのため、観光客の90%はキャンプ場などがたくさん整備された、サウスリムを観光します。ここでは、サウスリムの絶景ポイントを紹介します。 マザーポイント(Mather Point) (出典:Flickr) ビジターセンターからすぐの場所にあるため、グランドキャニオンを訪れた人のほとんどが立ち寄る絶景ポイントです。晴れていれば、東は50㎞、西は100㎞先まで見渡すことができます。 グランドキャニオン特有の、何層にも重なる地層の断面がきれいに表に現れており、アメリカの大自然を実感できるポイントです。 ヤバパイポイント(Yavapai Point) (出典:Flickr) マザーポイントから徒歩で15分程度の場所にある絶景ポイントです。地質ミュージアムが併設されており、グランドキャニオンの成り立ちや地質などについても学ぶことができます。 (出典:Flickr) デザートビューポイント(Desert View Point) デザートビューポイントは、サウスリムの中心地であるグランドキャニオンビレッジから東に41㎞行ったところ、サウスリム東端にある絶景ポイントです。標高およそ2300メートルの場所から、断崖の上に立って真下に広がる大地を眺めることができ、圧巻の景色です。 (出典:Flickr) 近くには、展望塔”デザートビューウォッチタワー”も建てられています(写真右上の塔)。85段の階段を登ると、360度のパノラマビューが広がります。内壁や天井には、アメリカ先住民族インディアンの描画を見ることもできます。 また、グランドキャニオンビレッジの方に5キロほど離れた場所には、タサヤン遺跡があり、そこでもインディアンの歴史に触れることができます。 サウスリム内の無料シャトルバス サウスリム内には、4つのルートを走る無料シャトルバスが運行しています。 1)Villageルート(ブルー):1年中運行しています。ビジターセンターと、ロッジ、キャンプ場、そのほかの施設を結ぶルートです。 2)Kaibab Rimルート(オレンジ):1年中運行しています。ビジターセンターと、サウスリム内の絶景ポイントを効率よく周るルートです。 3)Hermit Roadルート(レッド):3月~11月まで運行しています。 4) Tusayanルート(パープル):3月~9月まで運行しています。 公式サイト:South Rim Shuttle Bus 2)Kaibab Rimルート(レッド) 日本人が個人旅行で利用するのは、主に2)Kaibab Rimルートです。サウスリム内の絶景ポイントを周るルートで、ビジターセンターを中心に東周りと西回りに分かれています。東西すべて周ると1周50分程度かかります。 東周り Grand Canyon Visitor Center  >> South Kaibab Trailhead >> Yaki Point >> Pipe Creek Vista >> Grand Canyon Visitor Center 西周り Grand Canyon Visitor Center  >> Mather Point >> Yavapai Geology Museum >> Grand Canyon Visitor Center 15-30分間隔で運行しています。始発や最終は季節によって変わりますので、事前に公式サイトで確認しましょう。 公式サイト:Kaibab Rimルート グランドキャニオンの観光基本情報 観光基本情報 営業時間: 公園の入り口は24時間 定休日: サウスリム:なし、ノースリム:10月16日から5月14日 入場料: 車:1台35ドル、徒歩・自転車等:1人20ドル 所要時間: 楽しみ方にもよるが、良さを知るには最低1日は欲しいところ 住所: 20 South...一人旅でも100倍楽しめる アメリカ観光ナビ